補聴器について学ぼう

こちらのサイトでは、補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめてあります。
音を聞き取りやすくするためには調整が必要になってきますが、調整は自分でできるのか、専門店に依頼したときには費用がどのくらいかかるのか、当サイトを利用することで小さな疑問を解決できます。
また、装着が不十分などときには落下してしまうこともある、その防止法には何があるのか、日常的にお手入れが必要であるのか、お手入れはどのように行うのが良いのかもわかります。

補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめました!

補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめました! 補聴器の役割は、難聴で音の情報が届きにくくなったとき、コミュニケーションや生活を助けるための道具です。
装着すれば必ず聞こえが良くなると限りませんが、聞こえにくさに合わせて音質や音量を調整して音を聞き取りやすくする、これをフィッティングと呼びます。
フィッティングはいわゆる調整を意味するもので自分で行うことはできませんが、補聴器の音量を変えるなどの調整は自分で行うこともできるタイプがあります。
ハウリングは補聴器内部で増幅した音が再びマイクから入る現象で、音を小さくすることでハウリングを防止できます。
購入後のお手入れは、補聴器は耳垢や汗などが付着するので、これを綺麗に拭き取ることで長く使い続けることができるようになります。

購入後に使用していた補聴器が故障したときには?

購入後に使用していた補聴器が故障したときには? 補聴器を購入して使っていたら壊れてしまうこともあるかと思われますが、補聴器も一般的な家電品と同じく保証期間が設けてあり、保証期間内であれば修理が無料で行えるようになっています。
ただし、無償で行うことができる条件は故意に壊したものではないことなどの前提条件がありますし、装着していたときに落としてしまい音が出なくなったなどの場合は有償になることも少なくありません。
購入後の修理は、購入したお店に持ち込むことをおすすめします。
販売店では状態を確認して必要に応じて預ける形になります。
預けてしまうと聞こえが悪い状態で帰宅しなければならない、日常生活に不便さを感じるようになるなどのリスクも出てきます。
お店にもよりますが預けなければならないときに代替器を提供してくれるところもあるので、購入店を選ぶときにはアフターサービスにはどのようなことあるのかを確認しておくと安心です。
ちなみに、補聴器には空気電池と呼ぶ電池が使用してあるのですが、電池は10Aであれば5~7日、312であれば7~10日、675であれば20間の寿命です。
電池が切れると音が聞こえなくなるわけですが、電池交換は使用する人が行いますので購入時点で交換の仕方を教わっておきましょう。

補聴器選びのポイントを5つ挙げて説明します

難聴は聞こえにくさの程度により軽度、中等度、高度、重度に分類されます。
だから自分の聴力レベルにあった補聴器を選ぶことが最も重要です。
次に補聴器選びのポイントは使用環境で、会話をすることが多い職場の人と自宅で過ごすことが多い人とでは必要な機能が違ってきます。
雑音を減らす機能や前方向の音を大きくする機能などいろいろあるので、自分に合ったモノを探してみて下さい。
3つ目は目立ちにくさで、出来るだけ周囲に知られたくないという人が多いと言えます。
ですが中には気にしない、機能やコスパ重視の人もいるので何を重視するかにより最適な商品は異なります。
そして4つ目が操作性で毎日使うモノなので使い易さも選ぶポイントになります。
高齢の方や機械操作が苦手な方にはシンプルなモノがお勧めです。
最後に補聴器は5万円から数十万円と幅広い価格帯の商品があるので、事前に予算を決めてから商品を選ぶといいでしょう。
高い商品ほど性能がいいのが現状ですが、聴力レベルによっては安価なモノでも十分というケースもあるので自分に合った商品を意識することが大切です。

補聴器を購入して日常で装着するまでの流れを知ろう

補聴器を購入する場合は、まず最寄りの販売店へ訪れてスタッフに相談をします。
最適な補聴器は耳の状態や生活スタイルに応じて変わってくるので、自分だけで選ぼうとせずに必ず専門知識が豊富なスタッフと話し合って商品を選びましょう。
補聴器選びに入る前には、専用の測定機器をつかった聴力測定が行われます。
欲しい商品を選んだ後、スタッフによる調整を受けたら、装着をしてしばらく試してみます。
店員や同伴者と会話をしたり、店内で流されているBGMやテレビ番組の音声を聞いたりして、音が不快になることがないかを確認します。
もし、不快になるようであれば再度調整を行い、同じように聞こえ具合を試します。
店舗によっては試聴用の補聴器を貸し出してくれることがあるので、自宅で装着して生活に問題がないかどうかを確認してみると良いです。
調整が完了したら再び聴力測定を行い、結果を受け取って装着の前後で数値がどのように変わるかを確かめます。
商品や聞こえ方に納得することができたら取り扱い方法の説明を受け、代金を支払って商品を受け取ります。

補聴器は無料お試し期間を有効に活用しましょう

補聴器は無料でのお試し期間があるために、自分にマッチングしているかどうかを最初はレンタルにて確認してから、あらためて購入することも可能になります。
相性などがあることもあり、高音が聞こえにくかったり反対に低音が聞こえづらいなど個人差があるために、無料のお試し期間を有効に活用する方が長く使うことを考えると最適な選択になるのです。
ヒアリングやテストをしてから補聴器を選ぶことになりますが、カウンセリングと聴力測定だけでは分からないこともあります。とくに初めての場合には実際に街中や職場などで使用してみてから、使い心地を実感した方が良いと勧められております。
その後には自分の設定に合った機械を選択したり、耳の形に合った外観をオーダーメイドで作るなど好みと予算に応じて補聴器を検討することが可能なのです。いくつかのメーカーや特徴もありますので、取り揃えラインナップを自由に試せるお店を近隣に探しておけばメンテナンスも依頼することが可能になります。

補聴器使用者へのサポート家族による幾つかの方法

補聴器の使用者に大切なことは、家族のサポートが必要になることといえます。その理由として補聴器は難聴の治療ではないためです。治療のためではありませんが個人ごとのきこえに合わせて音が増幅されます。
また音を処理するため音声も聞き取りやすくなります。
耳の良い人が通常聞いている音と比較すると、少なからず違和感を感じる場合があります。そして通常補聴器を使用するためには、数日から数週間程度における慣れのための期間を必要とします。そのため慣れへのサポートについては使用者が違和感を感じる作業を、乗り越えることは困難が生じるため親近者がしっかりと支える体制が重要になります。
ただ使用者に対して使用の強要は避け、最初は1日数十分程度からサポートしましょう。なお1日の使用時間は、個人ごとで異なるため販売店のスタッフと要相談になります。話しかけ方のサポートを行う際に、早口或いはボソボソとした話し方は聞き取りづらいものです。使用者への会話のポイントは、ゆっくりもしくは明確な話し方を意識することが大切です。

香川の補聴器について詳しく知りたい

香川 補聴器